アキーさん散策!バリ島・クタ地区夜の街!Kuta-area,Bali,Indonesia

アキーさん散策!バリ島・クタ地区夜の街!Kuta-area,Bali,Indonesia

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明のホームページは下記

トップページ


アメブロ(憂国の士アキーラ世界1周・日本1周旅行記のブログ)は下記をクリック
http://ameblo.jp/yukokunoshi/
I went to Bali island in Indoneasia. Bali is one of the famous beach resort in Asia. I stayed in Kuta-area. There are many shops,hotels,restautants here. Thare are so many tourists in this area. I can recommend you to stay here if you want to enjoy both beach and the night life.
インドネシアのバリ島を2011年7月に訪問した。クタ地区に宿を取った。クタ地区は賑やかな場所で多くのお店レストランがある。安宿も多い。夜のクタの街を散策してみた。ジゴロに騙されている日本人女性も多いが。(金銭を奪われている)数年前に日本人女性が2人この地区で殺されている。インドネシア。東南アジアで最大の人口(日本の人口の約1.9倍)と面積を誇るインドネシア(日本の面積の約5倍)。住民の多くはマレーシアと同じマレー系の人々である。古くから多くの王国が栄えており、紀元前1世紀頃から来航するインド商人の影響を受けてヒンドゥー教文化を取り入れ、5世紀頃から王国を建国していった。諸王国はインドと中国をつなぐ中継貿易の拠点として栄えた。12世紀以降はムスリム商人がもたらしたイスラム教が広まり、人々のイスラム化が進んだ。現在はバリ島ではヒンズー教徒が多いが、他の地域はほとんどがイスラム教徒のイスラム教国である。この国も他のアジア諸国と同じように欧米諸国が来航し、1800年にはオランダの植民地が確立する。(ポルトガル領の東ティモール以外)。しかし、その後、各地で民族主義運動が高まる。太平洋戦争が始まり、アジアから欧米列強の力を払拭していった日本だが、インドネシアにおいては、インドネシア住民のほとんどが日本へ協力的であったために、戦力では日本軍を凌いでいたオランダを駆逐する事に成功する。これに併せて日本はオランダ支配下で迫害されていたイスラム教の存在を認めた他、オランダによる愚民化政策を受けてこれまで行われていなかった、一般国民に対する初等教育から高等教育に至る教育制度の充実を行い、インドネシア語と日本語による教育を行った。日本は1943年中盤以降のアジア・太平洋地域における戦局悪化の趨勢を受けてジャワ、スマトラ、バリの現地住民の武装化を決定し、募集したインドネシア人青年層に高度の軍事教練を施した。それらの青年層を中心に、ジャワでは司令官以下すべての将兵がインドネシア人からなる郷土防衛義勇軍(ペタ)が発足した。こうして日本軍政期に軍事教練を経験した青年層の多数が、後の独立戦争期に結成される正規、非正規の軍事組織で、中心的な役割を果たすことになった。同時期に日本はインドネシアの独立の方針を推し進め、1944年9月にはインドネシア国旗の掲揚と国歌の斉唱を解禁した他、1945年3月には独立準備委員会を発足させ、同年8月19日にスカルノとハッタ、ラジマンによって独立宣言するという方針を決定し、日本もこれを承認した。日本の敗戦とともに再植民地化を図ったオランダであるが、インドネシア人は日本に倣い独立戦争を戦った。、この独立戦争には、スカルノやハッタらインドネシアの民族独立主義者の理念に共感し、軍籍を離脱した一部の日本人2,000人(軍人と軍属)も加わって最前列に立って戦い、その結果1,000人が命を落とす。
インドネシア独立のために尽くした日本兵

インドネシアで歌われる日本軍軍歌

日本はインドネシアに多額の経済援助と技術援助をしている。貿易の面でも密接な国だ。日本にとっても大切な国だ。
国際&旅行ジャーナリスト 大川原 明 ホームページは下記をクリック
http://yukokunoshi-akira.com/

クタのホテル、ヴィラ情報カテゴリの最新記事